甘い風俗体験談

女の子を呼んで楽しんでいます

短期的な転勤というよりも出向ですね。だから自分の本籍がどこなのかよく分かりません(笑)数か月単位でいろいろな所に出向するんです。その度に会社がウィークリーマンションを用意してくれるんですけど、ウィークリーマンションでの生活はとても快適です。それに、ウィークリーマンションはデリヘル嬢を呼んでも問題ないかなと(笑)むしろ自宅でもホテルでもない、絶妙なポジショニングでもあるウィークリーマンションでのプレイは、他の風俗はおろか他のデリヘルでも味わえるものではないですね。風俗は新鮮さも大切だと思うんですけど、ウィークリーマンションでのプレイは自分の中で常に新鮮さをもたらしてくれています。自宅じゃないけど、でも自宅として使っているホテル。そこでのプレは日常感と非日常感が上手くミックスされていますので、自分でも言いようのない興奮に包まれることも珍しくないんですよ。むしろこの組み合わせこそ、最強の風俗なんじゃないかなって。

貴重なのは言うまでもないでしょう

風俗が貴重なサービスであることは言うまでもないでしょうね。特に思うのが、風俗の存在意義ですね。とにかく楽じゃないですか。自分でも思うのが、風俗のおかげでとにかく精神的に気楽というか、何かあれば風俗を楽しめば良いって思える点ですよね。男にとって「女の子と遊ぶ」が何より特別なことなんです。でも、そのためには本来であれば自分で何とかしないといけないんです。そのためには努力すれば良いってことでもないんですよね。努力が必ず報われる訳じゃないんです。魅力、スキル、ステータス。これらも求められるじゃないですか。だから女の子と遊びたいって思っても、思うように遊べないものなんです。でも風俗ならそんな小難しいことを考える必要はありません。遊びたい時に自分の好きなように酔う楽しめるんです。それだけでも風俗で遊ぶだけの価値があるんじゃないかなって思いますよね。だからこそ、風俗は自分の中でかけがえのないものなんです。