甘い風俗体験談

スキンヘッドを見せた相手

正直、自分はハゲ散らかっていました。中途半端にハゲ散らかすくらいならスキンヘッドにすべきだと、前は思っていました。でも自分がそうなると、なかなか覚悟が持てませんでしたよ(苦笑)もしかしたら復活するんじゃないかとかね。でもとある前にスキンヘッドにしました。風俗の前に、スキンヘッドにしたんですよ。スキンヘッドを初めて見せる相手に何を言われるのかは大切かなって思ったんです。会社の人に見せて不評になったら、それだけで絶望じゃないですか。それよりも、いつもお世話になっている風俗嬢であればきっと良いように思ってくれるだろうっていう計算も合ったんですよね。だから風俗の前に思い切ってスキンヘッドにしちゃいました。案の定「可愛い」って言ってくれました。単純なもので、見せる前はやっぱり不評かな?とか思っていたんですけど、可愛いって言われただけで「大成功」と感じちゃいました(笑)その上機嫌のまま、プレイも楽しみましたよ。

投資での勝利が大きいかな

かつて風俗を楽しむ時には本当にいろいろなことを気にしていました。自由に使えるお金そのものが少ないと言うことは、普通に考えると風俗の予算そのものも少ないってことじゃないですか。だからどうしても風俗もそんなに頻繁に遊べるものではなかったんですよね。でも最近では投資に勝利するようになってきて、それなりにお金に余裕が出てきたんですよ。ありがたいことじゃないですか(笑)それだけに、風俗の考え方そのものも変わってっきましたね。前はどうしてもお金ありきというか、お金のことが何よりも一番だったんです。とにかく安さを求めるとなれば、どうしても時間を短くしたりフリーにしたり。そうじゃないとお金がないですしね。でも投資での勝利によって、風俗で使えるお金そのものが増えてきたんですよ。そうなると、じゃあ何をするのかってなるので、時間にこだわらず、自分の楽しみたいように楽しむってスタンスが出来るようになってきたんですよね。